旅先でのビデオ撮影のコツ その3

前回からの続きです。

5W1Hを分かりやすくするのは、
映像だけではありません。
音声も大事です

撮影中は軽く考えがちで、
後から見たら、気になるのが、
ビデオの中での、話が途中で切れてしまう時です。

遠くで話していたり、
意味のない会話なら気になりませんが、

映像は、きりが良く、秒数的に充分足りていても、
意味のある会話が、
途中で切れてしまっては残念です。

例えば、子供が、
「ねえねえ見て、あれはなんで、ぐるぐる回ってるの」
という会話が
「ねえね、見て、あれはなんで(ブチッ)…」
で切れたり、
「あれは怖そうだから、パパと一緒に乗る」
という会話が
「あれは怖そうだから(ブチッ)…」
で切れてしまっては、とても残念です。

映像に集中し過ぎて、
映像がOKだと安心して、
音を聞かずに録画を止めてしまうために
おこる現象です。

ビデオは映像と音声の、両方が記録できます。
「良い映像を撮る」他に
「良い音声を撮る」事も心がけましょう。

周りの音から、その場の状況を伝える事もあるし、
人の会話から、その人の思いが伝わる事もあります。

周りの音も良く聞いて、
意味のある会話、意味のある音は、
意識して撮影しましょう。

次回に続く



にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村


ブログランキング


テクノラティプロフィール

旅先でのビデオ撮影のコツ その2

前回からの続きです。

5W1Hが良く分かり、
子供が生き生きとする撮り方があります。
それは、カメラの高さを、子供の目線の高さに合わせて撮るという事です。

自分の目の高さから、近くの子供を撮る場合、
背景がいつも地面ばかりです。
子供の目の高さで撮る場合、
遊園地にいたら、背景に遊園地の様々な景色が映ります。
それは、大人には見えない、
被写体の主人公である、子供から見た世界の景色なのです。

特に長時間、列を並んでいる時に、
時間つぶしに撮る時など、
隣にいる子供は、超至近距離です。
こんな近くにいる子供を、大人の目線から見下ろしても、
ほとんど頭で、顔が少し、そして背景は地面です。

列に並びながらも、子供の目線にカメラを下げて、
ビデオを見た時、背景からどこにいるのか、何のアトラクションか、
が分かリやすい、背景を選びましょう。

次回に続く



にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村


ブログランキング


テクノラティプロフィール





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。